第20回小学校英語教育学会(JES)中部・岐阜大会をふりかえって

 開会式でのカチンコ(clapperboard)の音を合図に、20201010と、まさに歴史に残りそうな数字並びの日に始まったJES中部・岐阜大会でした。おかげ様で、両日で延べ1000人を優に超える方々にご参加いただきました。当学会もオンライン形態で全国大会を開催したのは初めてのことでしたが、少なからぬ不手際のある中、皆様のご理解とご協力で、なんとか2日間のスケジュールを終えることができました。本当にありがとうございました。また、プログラムを簡素化するため、従来行われていたにもかかわらず、今回は断念した内容もありましたことをお詫び申し上げます。
 通常、大会2日目午後になりますと、翌日からのお仕事のためや、せめて気になる名所だけでもと参加者が減少する傾向にあるのですが、2日目午後、最後の自由研究発表者が終わるまで、目立った参加者の減少がなかったことは、本大会の大きな特徴でした。
 コロナ禍はなかなか収束しませんが、オンライン形態を大会開催の一つの可能性として検証する機会を得られたことは、学会としても大きな財産です。大会挨拶にもお書きしましたが、この疫病を克服したとき、私たちは精神的、物質的にどのような成長を遂げているでしょう。本大会で得られた知見により、皆様が今後さらに前向きな姿勢で小学校英語教育に取り組まれ、ますますの発展に貢献出来ましたら、それは私たちの望外の喜びです。
 来年は埼玉でお会いしましょう。

 

JES中部・岐阜大会実行委員長 矢野 淳(静岡大学)

中部・岐阜大会の課題研究の発表動画について

発表動画は10月31日(土) までご覧いただけます。

それ以降は、会員専用ページの課題研究委員会のコン テンツで視聴いただけます。

課題研究委員長

川上 典子

JES Journal Vol. 21への投稿をお考えの皆様へ

原稿提出期間は、中部・岐阜大会後の、10月19日(月)から23日(金)までを予定しております。出版は2020年5月の予定です。大会が10月開催になることに伴い、例年とスケジュールが異なりますので、ご注意ください。


Vol. 21から、①メールからウェブサイト受付となること、②実践報告が実践論文になること等の変更点があります。


変更に伴って改定された執筆要領、投稿用テンプレート等は、左の「学会誌への投稿を希望している方へ」をクリックするか、各種委員会専用の学会誌編集委員会のページをご覧ください。
皆様のご投稿をお待ち申し上げております。


学会誌編集委員会委員長 伊達正起

JES 20周年記念誌 発刊のお知らせ

JES 20周年を記念し、『小学校英語教育ハンドブックー理論と実践―』を刊行します。
本年はJES20周年にあたる節目の年です。
20周年を記念し、これまで国内における小学校英語教育研究・実践をまとめた書籍を発行することとし、多くの先生方にお力添えをいただきながら一昨年度より準備を進めてまいりました。
その書籍がJES中部・岐阜大会に合わせて刊行される運びとなりました。
本書が小学校英語教育における授業実践や小学校英語教育に関わる研究の一助となれば幸いです。
 

ようこそ小学校英語教育学会へ

 

Welcome to JES! 小学校英語教育学会(JES)のホームページへようこそ!ここは、当学会と小学校における英語教育の発展を目的としたページです。

 

会長あいさつ

 会長を拝命してから丸1年たちました。この間のご支援、ご協力に深く感謝いたします。本年度も日常の学会活動と大会の両輪で実践・研究にあたられている先生方をサポートし、引いては子どもたちひとりひとりが豊かに二つ目の言葉と出会えるよう力を尽くしたいと考えています。


 日常の支部活動、委員会活動の予定・報告はウェブページでも随時更新していきます。本年度の大会は、現段階では予定通り10月10日(土)・11日(日)、岐阜県の中部学院大学をメイン会場に開催するべく中部ブロックのみなさまがご準備にあたっておられます。大きな動きの中で柔軟に対応を求められる場面もあると思いますので、どうぞウェブページをご確認ください。


 ところで,2020年度は小学校と中学校で新学習指導要領が完全実施される年として深く記憶されるはずでした。が、世界の狭さ・近さを痛感させるコロナウイルスの感染拡大への対応によって、非日常の中での船出となります。本学会でも、感染予防のため、入念に企画・準備してきた各種セミナーを中止・延期せざるを得ませんでした。ご準備にあたられた理事のみなさまの決断に改めて敬意を表します。また、3月の常任理事会はオンラインで行い、直接お目にかかることができない物足りなさと、文明の利器の恩恵を痛感したものでした。


 新年度が始まるにあたって,中学年の外国語活動、高学年の外国語科、ともに「決め手は言語活動にあり!」と愚考する日々です。いつの間にか、練習して暗記して再生するという刹那の成功のみを追求する道を子どもたちに歩かせていたのではないか。年度初めにあたり、それぞれのお立場で「言語活動ってこういうもの!」と整理してみていただきたいと思います。

第20回小学校英語教育学会(中部・岐阜大会)の御案内

第20回 小学校英語教育学会 中部・岐阜大会 公式ウェブサイト

お知らせ

JESツイッター

https://twitter.com/jes_conference

もあります。ご活用ください。


 

メールアドレス・住所などの変更は速やかにご連絡ください。

学会からメール配信したお知らせやニューズレターなどが届かずに戻って来てしまうケースが多発しております。なお、異動や転居等で登録内容に変更がある場合には、ウェブサイトから登録情報の変更をお願い申し上げます。

学会活動の円滑な運営にご協力いただき、ありがとうございます。

詳しくはコチラ

 

更新内容

  • 2020年10月20日 「第20回小学校英語教育学会(JES)中部・岐阜大会をふりかえって」掲載しました。

 

小学校英語教育学会は、小学校における英語教育の理論と実践を研究し、小学校英語教育の発展に寄与することを目的とし、創設されました。