小学校英語教育学会(JES)京都支部(KEET)第20回研究会

教科化に向けて教員に求められる力

 

2018年度より新学習指導要領の移行措置期間が始まりました。今回は「教科化に向けて教員に求められる力」をテーマに2020年度からの本格実施に備え、各学校でどのような準備や取組をされているかの事例をご紹介頂き,参加者の皆様と共に考えたいと思います。また新教材を用いた文字指導のワークショップも行います。是非皆様お誘い合わせの上ご参加下さい。

 

日時 平成30年6月3日 日曜日 13:00~16:40
主催 小学校英語教育学会(JES)京都支部(KEET)
会場 京都教育大学 藤森キャンパス 共通講義棟(F棟)F16講義室
対象 小・中・高・大の教員,教育委員会指導主事,学生,院生,小学校英語関係者他
資料代 会員 1000円,非会員1300円,大学生・大学院生500円
参加受付方法 メール:keetkyoto@gmail.com、当日参加可

連絡先

(連絡先代表者氏名含む)

泉 惠美子(京都教育大学)
Phone/Fax: 075-644-8244(研究室直通)
E-mail: emiko@kyokyo-u.ac.jp
HP: www.jeskeet.wordpress.com

プログラム

実践発表 13:10~14:10
  「公立小学校からの報告~新教材を使った授業づくり~」
矢野智子先生 (京都市立朱雀第二小学校校長)

「学校全体で取り組み、小・ 中 ・高の学びをつなぐ英語教育の充実
上田智子先生 (宇治黄簗学園宇治市立黄槃中学校教頭)
講演 14:20~15:20
   「教科化に向けて教員に求められる力」
杉本義美先生 (京都外国語大学)
みんなで話そう 15:30~16:00
   
ワークショップ 16:00~16:40
   「児童が思わず読みたくなる・書きたくなる ~教科化にむけ新教材を活用した文字指導~」
田縁員弓先生 (ノー トルダム学院小学校・京都教育大学(非))
KEET20_04 OLs.pdf
PDFファイル 2.0 MB