JES全国大会

第19回小学校英語教育学会(北海道大会)の御礼

北海道大会実行委員長 中村香恵子(北海道科学大学)

 1000名を超える皆様のご参加をいただき、第19回小学校英語教育学会北海道大会を無事に終えることができました。基調講演をいただきました竹内理先生からは、まさに今私たちが求めている、そして本学会にとりまして非常に有益な多くのご教示をいただきました。直山木綿子先生の特別講演をはじめとする授業研究、ワークショップ、課題研究、シンポジウムからは多くの貴重な情報や提言、研究や実践の成果、アイデアの共有をいただきました。また130を超える口頭発表・ポスター発表には、子供の姿がみえる実践研究、英語教育への貢献を目指した発表者の熱意と労力の賜物である研究成果があふれていました。そして会場内外で活発な議論をしてくださいました聴衆の皆様に実行委員を代表して心よりお礼を申し上げます。
 本会を準備・開催するにあたり、大変多くの方のご助力をいただきました。御後援をいただきました北海道教育委員会・札幌市教育委員会をはじめとする各教育委員会・研究会様、御協賛をいただきました各企業様、そして何かにつけて私たちをご支援くださったJES執行部の皆様に心よりの感謝を申し上げます。
  本学での開催は9年前に続いて2回目になります。この9年間で学会の規模も、発表内容から読み取れる英語教育に対する関心も大きく変わりつつあることを実感いたしました。しかし会員同士のつながり、真剣な中にあるどこかあたたかい雰囲気、そして英語教育への貢献という目的の根底に感じられる子供たちへの愛には何ら変化はありませんでした。
 準備にあたって、多くの役立つ資料を残してくださった過去の開催地の皆様に大変助けられました。私たち北海道メンバーは、この大会を通して多くの財産も得たと感じております。ぜひその財産と成果を次の大会へ引き継いでいきたいと思っております。来年の第20回大会は,10月中部・岐阜大会となります。中部学院大学でお目にかかれますこと、楽しみにしております。本当にありがとうございました。

第18回小学校英語教育学会(長崎大会)の御礼

長崎大会実行委員長 中村典生(長崎大学)

 7月28日(金)、29日(土)の第18回小学校英語教育学会(JES)長崎大会には、台風の影響があったにもかかわらず、2日間でのべ1200名近くの方々にご参加いただきました。前代未聞の逆走台風が気になる中、遠近からご参加いただだいた皆様、ご講演、ご発表をいただいた皆様、展示等をいただきました企業様、そして大会運営にご尽力いただいた皆様など、本大会にかかわっていただいたすべての皆様に、あらためまして心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
 萬谷会長より長崎で全国大会を、というお話しをいただいたのが2015年の夏頃だったでしょうか。ちょうど私が長崎大学に異動した年でしたので、声をかけていただいたことを光栄に感じながらも、知り合いもほとんどなく、正直不安でいっぱいでした。それから方々でJES 長崎大会が行われることを伝えて回る中で、次第に知り合いも増え、2016年3月には九州北部地区での合同セミナー(長崎大学)、2017年2月には九州南部地区での合同セミナー(鹿児島純心女子大学)、そして2017年10月には九州ブロックセミナー(長崎大学)を開催し、みんなで力を合わせて本大会に備えて来ました。あらためて言いますが、JESがこれだけ大きな組織になると、単一県での大会実施は不可能です。本大会が成功裏に終了しましたのも、九州ブロック常任理事の大城先生はじめ、各県の理事の皆様、そして実行委員の皆様が超お忙しい中時間を割いていただき、心を一つにして運営にご尽力いただいたお陰です。ひたすら感謝しかありません。
 移行期から全面実施へ、これから様々な問題も生じてくるでしょう。今大会で得られた知見や今大会でできた人の輪が、この難局を乗り切るための力となり、子供たちのための小学校英語の発展につながることを切に願っています。来年は北海道ですね。しっかり心のバトンを渡したいと思います。2019年7月、北海道科学大学でお会いしましょう。ありがとうございました。

 

 

 

JES第17回全国大会

 

JES第17回全国大会(兵庫)は,2017年7月29日~30日

神戸市外国語大学で開催されました。

 

20170729 JES兵庫大会 酒井英樹先生 基調講演資料.pdf
PDFファイル 3.0 MB